専業主婦が利用できるカードローン

 

カードローンは消費者金融や銀行などさまざまな金融機関が事業として行っているものですが、原則として収入がある人しか利用ができないものとなっています。
消費者金融に代表される貸金業者の場合は法律で総量規制があるためにこれは避けられないこととなっているのですが、総量規制に関係なく融資が出来る銀行のカードローンだと、専業主婦も利用が出来るとされているのです。
ただどのような場合でも利用が出来るのかというと、そういったことはありません。
専業主婦である以上個人の収入がゼロ円になる可能性は非常に高いと言えますし、そうした場合には家庭の収入を用いて返済していくことになります。
そのため配偶者貸付制度、つまり夫の収入を参照して借入をする制度が利用されるケースが多いのですが、そこでは夫の収入証明の提示などが求められることが多く、隠れて借入をすることは難しいでしょう。
口座を持っている銀行だとATMからそのまま借入枠を作ることもできますが、この場合、金額はかなり抑えめなものになってしまうというデメリットがあります。
ただそうしたデメリットさえ受け入れられるのであれば、専業主婦だからと言ってカードローンをすぐに諦める必要はないのです。

 

カードローンを利用すると自宅に電話がくる?

 

しかしそうした中で気になるのが「自宅に電話が来ることは無いのか」ということです。
特にATMを操作して個人で申込みが出来るようなものだと、自宅にカードローンについての電話連絡が来てほしくないと感じることは少なくありません。
ではカードローンの審査で自宅に電話が来ることはあるのかと言うと、絶対にないとは言い切れません。
カードローン審査では専業主婦かどうかに限らず本人確認や在籍確認が行われるのですが、専業主婦が申し込みをしたということになると、在籍確認の段階で自宅に電話がかかってくる可能性があることは否定できないのです。
ただしかし、専業主婦の場合はそもそも在籍確認によって収入源となる勤め先を確認しなくて良いという特徴があるため、事前に固定電話では無く携帯電話の番号を教えておくことで問題をクリアできるのがほとんどです。
業者からしてもカードローンのことは重大なプライバシー情報ですから、相手の家庭であっても無暗に連絡を取ろうとしないのが普通です。
不安であれば担当者に対して「連絡は必ず携帯にかけてほしい」というように言っておけば、ほとんど心配は無いと考えて良いでしょう。
連絡をしないでほしいというのは難しいのですが、事前に要望を伝えておけば多くのことには対応してもらえますので、担当者とうまく連携を取ってクリアしていくようにしてください。

 

業者から自宅に連絡が来るケース

 

さて、しかし業者から自宅に連絡が来るケースは必ずしも在籍確認の時だけというわけではありません。
通常であれば最初の審査の一環として連絡がされるだけですが、もしカードローンを利用している中で返済が遅れてしまったり、申込をした専業主婦の人の携帯に連絡がつかないということになると自宅の固定電話に連絡をせざるをえなくなってしまうのです。
そしてその場合、問題は申込をした専業主婦の側にあるわけですから、通常であれば業者名を伝えないようなところでもすぐに業者名を出す可能性が高いのです。
事前に夫などの家族に説明をせずに借入をしていた場合、勝手に借金をしたうえにその返済が滞って問題が起こっているということで非常に話がこじれてしまうこともあります。
時折そうなってから「連絡をしてこなければこうはならなかった」とクレームを出す人もいるのですが、そもそもルールを守っていれば、業者も連絡はなるべくしないようにするのが基本なのです。
一言で言ってしまえば自業自得ということになりますから、もし自宅に連絡をしてほしくないと思っているのであれば普段から金銭管理はしっかり行うようにして、返済の遅延など起こさないように心がけてください。

 

電話以外にも連絡が来ることはある

 

さて、専業主婦がカードローンを利用する中で自宅に電話をかけてほしくないという場合にはこういったことに注意をしていればよいのですが、もし利用していることが絶対に知られたくないというようであれば、審査を受ける際にひとつ注意しておきたいことがあります。
それが「インターネットで申し込みをすると契約書類やカードが郵送されてくる」ということなのです。
ATMで申込をして自分のキャッシュカードにカードローン機能を付けた場合や、店頭・無人契約機を使って申込をした場合などは特に注意をする必要はありません。
ですがインターネットで申し込みをした場合には契約書や借入のために利用するカードを申込の際に伝えた現住所に送らなくてはならなくなるのです。
その場合でも封筒にはカードローンとはわからないような表記になっていますが、封筒を開けられてしまうとカードローン審査を受けたことが間違いなく理解できてしまいます。
そのため万が一にも家族に知られたくないという場合には事前にATMや店頭、無人契約機で契約をするように心がけるか、インターネットで審査申込をして、書類だけは自分が取りに行くというように工夫すると良いでしょう。